本文へスキップ

りくとれ コンディショニングスタジオは、体の使われていない部分を開発し、全身をバランスの良く使える体にするためのトレーニングスタジオです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.090-4172-7375

〒102-0072 東京都千代田区区飯田橋3-9-6 赤川ビル2F

膝痛の改善

りくとれの考える膝の痛みの原因と対策


膝の痛みの原因

りくとれの考える膝の痛みの原因は、体幹部分の動きの悪さに原因があると考えています。

特に腰や骨盤の中が固まってしまっているために起こります。

立っている時の膝の曲げ伸ばしは、足首や股関節の他に、体幹部分の腰や骨盤の協力関係のもとに成り立っています。

体幹部分が固まってしまうと、膝にねじれが入りながら、膝を曲げてしまうのです。

足を曲げた時、常に膝が外に逃げる、内に入りすぎるという事になってしまい、長年無理のかかった使い方を重ねた結果、痛みが出てきてしまうという訳です

ランナー膝

ランナー膝とは、マラソンなどをする方に多くみられる膝の痛みですが、お医者さんには使いすぎ(走りすぎ)と言われてしまうのが落ちです。

しかし、全てのランナーの方に出る訳ではないので、ただ沢山走ったことだけが原因ではありません。

症状の出るか否かの違いは、体に歪みがあるまま使い続けたか否かにあります。

人間は、歪みがあっても走れます。
しかし、歪みがあることで、体重の乗り方に左右差や前後差などが生じます、そうすると左右の脚の踏み出し方や歩幅などにも差が出てきてしまいます。

その差は、たとえわずかだとしても、そういった差があることで、膝や足にかかる負担にも差が出てきます。
そのまま長い距離を走るマラソンをやり続けることで、より負担がかかっている側の脚に痛みが出てきてしまうという事が起こります。

少しでも記録を伸ばしたい !! そのためには練習あるのみ!! と考えて、歪みを直さないまま走り続けてしまうと、走るたびに痛くなり、結局、走れないという事になってしまいます。

ですので、ランナー膝の症状を本当に改善したい場合、まず体の歪みを解消し、体に負担をかけない体の使い方を習得されることが、最も速いランナー膝改善の方法だと考えます。

膝の痛み・ランナー膝の対策

りくとれで行う対策の大まかな流れです。
これに、あなたに合わせた様々な工夫を加え、プログラムを進めます。

ステップ1
おなか・背中を緩める・固まっている骨盤を緩める。
ステップ2
骨盤から頭まで体の中心軸を作る。
ステップ3
中心軸を保ちながら、膝のねじれが入らない使い方を体に教え込む。

ゆっくり時間をかけながら、膝にねじれを入れていた要因を徹底的に取り除き、膝に負担がかからない使い方を体に教え込む事で、痛みがぶり返さなくなり、二度と膝の痛みが出ない体を作ります。


りくとれの【 無料 】コンテンツのお知らせ
p1 y1 s1

ps1


me1


ne1





ご予約・空き状況の確認は
こちらから↓

yoyaku


体が柔らかくならないのは、
【やり方が間違っているのかも?】

f1


スポーツに真剣に取り組む方、
【パフォーマンスはどう上げる?】
pup


【開脚をあきらめるのはまだ早い】 あなたに適した開脚をする方法
お伝えしています。
k1


現役のアスリートから、85歳のおばあちゃんまで、幅広く結果が感じられるストレッチ道具です! ↓↓
se


誰でも物凄い能力が眠っています!!
sen1


phisical


店舗イメージ

shop info.店舗情報

りくとれ コンディショニングスタジオ

〒102-0072
東京都千代田区区飯田橋3-9-6 赤川ビル2F
TEL.090-4172-7375

完全予約制

予約可能時間は、
空き状況検索サイトより、
ご確認ください。